確定拠出年金【iDeCo】って?初心者のためのiDeCo(イデコ)マニュアル



こんにちは!100均探検家の森くま☆(@kuma_100love)です。 老後200万問題が浮上。そんな対策には、税制優待制度のあるiDeCo(イデコ)がおすすめとメディアで言われるようになりましたよね。

そこで初めて、iDeCo(イデコ)というものがあることを知った私は、雑誌『日経WOMAN』を始め、TVニュースの『日経プラス10』、出版されている数々の書籍を読み漁りました。今回は私なりにiDeCo(イデコ)について調べたことをシェアいたします。

こちらの記事では、iDeCo(イデコ)を始めるうえで必要なことを記載していますが、投資は自己責任でお願いいたします。


目次

iDeC(イデコ)とは?

年金はよく建物にたとえられ、一般的に知られている年金の国民年金は一階、厚生年金は二階に当たります。

国民年金は、20歳以上60歳未満で日本在住なら“必ず入りましょう”と呼びかけられているものです。厚生年金に関しましては、国民年金に上乗せされる年金で公務員や会社員の方が対象です。したがって、自営業者は対象外の年金となります。

そして三階建てにあたる年金の一つが、個人型確定拠出年金のiDeCo(イデコ)です。基本的にiDeCo(イデコ)は誰でも始められ、自分で掛け金を決め運用。原則60歳以降に受け取れる仕組みになっています。

補足

年金の三階には、iDeCo(イデコ)の他に、企業年金、企業型確定拠出年金、企業年金基金があります。iDeCo(イデコ)はその一つになります。

iDeCo(イデコ)を始めるうえで読んでおきたい書籍2選

図解知識ゼロからはじめるiDeCo(個人型確定拠出年金)の入門書

いちばんわかりやすい 60歳で2000万もらうiDeCo年金のはじめ方

iDeCo(イデコ)には3つのメリットがある!

大々的にメディアで報じられているiDeCo(イデコ)ですが、今だメリットがイマイチわからず、実践する理由がわからない人もいるよう。実はiDeCo(イデコ)は他の投資と違い、3つの税制優待制度が人気の秘訣です。ご紹介いたします。

①掛金(積立金)が全額所得控除の対象

所得税と住民税は大抵の人がかかる税金です。安くしたい方は、iDeCo(イデコ)をやるのがおすすめ。なんとiDeCo(イデコ)なら、掛け金の全額が所得税と住民税の控除対象になります。

森くま☆
老後対策をしながら、かなりの節税効果が得られる可能性があるので始められる方が多いんですよ。もちろん、私も始めたのは、こちらが理由の一つです。
補足

当年分の所得税と翌年分の住民税が軽減されます。

②運用益が非課税

金融商品には通常なら20.315%の運用益がかかります。しかし、iDeCo(イデコ)なら、こちらが非課税で運用可能。

③受け取るときも控除される

iDeCo(イデコ)を受け取る方法は、現時点では3つあります。

  1. 一括受け取りの一時金
  2. 分割受け取りの年金
  3. 一時金と年金の併用

①は「退職所得控除」の対象、②は「公的年金控除」が適用され、③は「職所得控除」と「公的年金控除」の両方が対象になるようです。


掛け金の最低金額と上限金額について

国民保険の加入状況
職業
上限金額
第1号被保険者
自営業者等
月額6.8万円(年額81.6万円)
第2号被保険者
企業型DCなし・会社員
月額2.3万円(年額27.6万円)
企業型DCに加入済み・会社員
月額2.0万円(年額24.0万円)
DB加入者・公務員
月額1.2万円(年額14.4万円)
第3号被保険者
(例)専業主婦・主夫
月額2.3万円 (年額27.6万円)

iDeCo(イデコ)は“つみたてNISA”と混同しがちになりますが、つみたてNISAと違って掛け金の最低金額は5000円から。1000円単位で積み立てることが可能です。また、上限金額は個人の職種や立ち位置で変わります。

森くま☆
加入できるのかわからない方は、下記リンクのiDeCo(イデコ)の公式サイトで加入診断をやるのもおすすめ!

運用方法について

運用方法には「元本確保型」と「価格変動型」の2種があり、「元本確保型」には定期預金や保険、「価格変動型」には投資信託があります。

おすすめは「価格変動型」の投資信託!

運用方法はリスクはあるものの投資信託で運用することでお金が増える可能性が。

森くま☆
とくに年齢が若い方ほど、リスクを取ることができるので、早めに始めるのがおすすめです。
配分指定をせず、約3ヶ月ほどiDeCo(イデコ)の口座を放置してしまうと証券会社が指定する配分での「指定運用方法」で運用されてしまいます。また、こちらで運用されて損が出たとしても、証券会社は責任を負いません。自分で配分したい方は、3ヶ月以内に忘れずに配分指定をしてくださいね。

そもそも投資信託って?

投資信託とは、私たちの預けたお金で、お金のプロである「ファンドマネージャー」が資産運用をしてくれる金融商品のことです。こちらの成果が良くも悪くも私たちに還元される仕組みになっています。

iDeCo(イデコ)の買い付け方法

積み立て購入

設定した金額を毎月決まった日に手間なく、買い付ける方法。価格が高いときは少ないです、低いときは多く買えるメリットが。

年単位拠出 

掛け金を1年以内に、決めた月にまとめて拠出できる方法。「加入者月別掛金額登録・変更届」を作成したりする手間があります。

森くま☆
毎月はきついけど、ボーナスが出たら払いたい人向きです。

iDeCo(イデコ)の受け取り方

iDeCo(イデコ)の受け取り方は原則60歳以降からですが、実は例外もあります。

老齢給付金

こちらは原則60以降からの受け取りになる一般的な受け取り方法です。

障害給付金 

障害給付金は、加入者等が70歳になる前に高度障害者になった場合に貰える方法です。こちらは非課税になります。

死亡一時金

加入者が死亡した場合、その遺族に死亡一時金が支給されます。配偶者が一般的な受取人ですが、加入者本人が受け取り人を指定することも可能です。こちらは税制優待制度が使えます。

iDeCo(イデコ)のデメリット

良いことづくしのように思えるiDeCo(イデコ)ですが、デメリットもあります。

①加入年齢が決まっている

現時点での加入できる年齢は、20歳以上60歳未満の方が対象です。ですが、こちらは65歳まで5年間延長される報告で話しが進んでいるようです。ぜひ、1年に一度ほどiDeCo(イデコ)の公式サイトで確認してみてくださいね。

②60歳まで引き出せない

iDeCo(イデコ)は老後のための加入式の年金です。投資と言っても、年金の一つとして考えられているため、途中で引き出せない仕組みになっています。

③損をする可能性がある

iDeCo(イデコ)は年金の一つですが、自分で加入し運用するものです。絶対にお金が増えるわけで決してありませんので、こちらを肝に銘じて始める必要があります。

④証券口座選びをしなければいけない

手間の一つが証券口座選びです。たくさんある中、どこにするのか悩まれる方が多いよう。ぜひ、こちらの記事やiDeCo(イデコ)関連の書籍を参考にして決めてくださいね。

⑤最低限の投資の知識が必要

証券会社にiDeCo(イデコ)の申し込みをした後は、自分でどこに投資するのかを決め、ポートフォリオを作成しなければなりません。損益が出るものなので、少なからず最低限の投資の知識を付けてから始められることをおすすめいたします。

森くま☆
知識があると損したとしても不安定にならずにすみますよ!

⑥すぐに始められるわけではない

申し込みの書類を証券会社に提出後、証券会社の方の手続きが2ヶ月ほどかかります。

森くま☆
申込書を提出してから、ポートフォリオを考えるとスムーズに進むかもしれません。

⑦手数料がかかる

iDeCo(イデコ)に入るために、一回だけ国民年金基金連合会等にお支払いいただく加入・移換時手数料2,829円が発生します。また楽天証券などは運営手数料はかかりませんが、他にも手数料がかかるものがありますので詳しく知りたい方下記のりそな銀行さんのアドレスをご覧ください。

⑧「元本確保型」でも実はリスクが!

元本確保型は一見、良さそうに見える人もいるかもしれませんが、運用益よりも手数料が多くなったり、スイッチングするときの途中解約時の利率によって元本割れするケースがあります。

⑨受け取り時に税金がかかるケースも

「公的年金等控除額」、「退職所得控除額」の金額を超えた場合、税金がかかります。iDeCo(イデコ)を受け取るときは、一時金として受け取るか、年金として受け取るかをよく考える必要があります。

森くま☆
こちらは数年後なので、ちょっとづつ勉強し、頭に止めておきましょう!


iDeCo(イデコ)を始められない人とは?

iDeCo(イデコ)には大抵の人は入れます。しかし、入れない人もいるため、念のためにご紹介いたします。

①60歳以上の人

現在は、iDeCo(イデコ)の掛け金の可能年齢は20歳以上60歳未満まで。したがって残念ながら60歳以上の方は加入できません。

森くま☆
iDeCo(イデコ)は60歳以前の加入。70歳まで運営可能だそうです。

② 国民年金保険料を払っていない人

残念ながら国民年金保険料を払っていない人は、加入資格がありません。払っていない方は、国民年金保険料を払ってから加入しましょう。

加入資格がない人例

  • 国民年金保険料が未納状態の人
  • 国民年金保険料の全額または一部を免除している人
  • 学生納付特例制度を利用し、保険料納付を猶予している学生

③海外在住の方

iDeCo(イデコ)の加入資格は日本に住んでいる方のみになります。残念ながら海外に住んでいる、海外に住むことになった方は加入できません。

④1部の会社員

iDeCo(イデコ)は、国民健康保険に加入している20歳以上60歳までの方なら対象と書かれていますが、実は企業型年金に入っている会社員の方は入れない可能性があります。

お勤め先の会社に企業型年金に自分が入っているのか、どのような規約になっているのか確認しましょう。

森くま☆
私は相方さんの税理士さんに聞きました!

iDeCo(イデコ)の加入をおすすめできないケース

iDeCo(イデコ)は所得控除などのメリットがあり、入れる方なら入った方がいいように思いますが実は、おすすめしないケースもあります。

①専業主婦や無職の方

こちらの方々は、所得税を払っていないためiDeCo(イデコ)のメリットである所得控除などの恩恵を得ることができません。意味がないわけではありませんが、無理にやる必要はないかもしれません。

森くま☆
iDeCo(イデコ)をやるよりも、つみたてNISAやふるさと納税の方が個人的にはおすすめ!ふるさと納税に関しては、美味しいものを食べれるかも♡

②収入が不安定、貯蓄が少ないorない方

収入が不安定の中、iDeCo(イデコ)を運用してしまうと60歳まで引き落とせないため生活が逆に不安定になる可能性も。生活に困らないために、すぐに使える最低限の貯蓄は蓄えてから始めましょう。

森くま☆
貯蓄が少なく、ない方は投資を始めたい方は、“つみたてNISA”がおすすめ!こちらなら積み立ては、小額から可能。手続きは面倒ですが、いつでも引き出せますよ。

③子供の教育費がかかる方やマイホーム購入を検討している方

iDeCo(イデコ)は60歳まで引き出せないため、こちらを検討する方々もやらないor小額から始めることをおすすめいたします。

④お金が増えると思って運用する

“お金が増える”というメリットだけで運用することもおすすめいたしません。iDeCo(イデコ)は運用商品なので、お金が増えたり、下がったりします。下がったときのことも念頭におきましょう。

⑤投資の勉強をされない方

iDeCo(イデコ)は投資信託で損益の出るものです。万が一のときに、不安にならないためにも最低限の知識だけでも身につけてから始めることをおすすめいたします。

④自己責任能力のない方

自己責任能力が欠如し、他罰的な方もおすすめいたしません。自分が投資するものは、他人におすすめされた物を選んだとしても自分で責任を持って運用しましょう。

森くま☆
他人におすすめされた場合は、私でしたらデメリットをとことん調べます!

⑤金額が減ると不安になる方

④の方が落ち入りやすいのですが、iDeCo(イデコ)は良くも悪くも損益が出るものと納得してから始めましょう。勉強していれば、たとえマイナスが出たとしても、プラス面を考えられますよ。

森くま☆
例えばマイナスのときは、たくさん購入できるチャンス!と考えよう。


早速iDeCo(イデコ)を始めよう!証券会社の選び方は?

iDeCo(イデコ)始めるためには、証券会社を一つ選ばなければなりません。証券会社の選び方は、下記を参考にしてください。

運営管理手数料0のところにしよう!

iDeCo(イデコ)をやるうえでのポイントは、運営管理手数料がずっと0のところにしましょう。一見少ない手数料だっとしても長期で続ける場合、バカにできません。

商品の品揃えが良いところにしよう

証券会社によって商品のラインナップが違います。とくにiDeCo(イデコ)は、商品のラインナップ数が限られているため自分が投資したい商品があるか、確認してから入るのがおすすめ!

買付手数料なしor低コストのところにしよう

実は証券会社にやって、買付手数料が変わってきます。買付手数料が大きいと運用に大きな差が出るのでノーロードor低コストのところを選ぶのが◎。

補足

ノーロードファンドとは、買付手数料無料の投資信託のことです。

ポイントが貯まるところにしよう!

最近の証券会社のトレンドは、つみたてNISAでポイントが貯まるところです。iDeCo(イデコ)ではポイントは貯まりませんが、一緒にしておくことで問い合わせしやすいメリットがありますよ。

窓口サービスの対応が良いところにしよう

少しでもiDeCo(イデコ)をするうえで疑問があったら、窓口サービスに問い合わせしましょう。証券会社の窓口サービスの利便性が良ければ、不安になったらすぐに質問することで解決できますよ。

窓口でおすすめ商品を紹介された場合、すぐに入らず、じっくり考えてから入りましょう。窓口の人は商品を売りたいだけかもしれません。ちゃんと自分で納得してから入ってくださいね。

運営管理手数料0。つみたてNISAでポイントも貯まるおすすめ証券会社

楽天証券

楽天証券でつみたてNISAを始めると楽天ポイントが貯まりますよ。貯まったポイントは1ポイント、1円。つみたてNISAを積み立てるときにポイント役立てることが可能なのも嬉しいです。

SBI証券

SBI証券でつみたてNISAを始めると、Tポイントが貯まります。Tポイントも1ポイント1円として使え、こちらもつみたてNISAに使うことも可能です。

松井証券

長く使うからこそ、信頼重視!そんな方には、創業100年の歴史と実績を持つ、松井証券がおすすめです。運営管理手数料0円でサポートも万全。さらに、つみたてNISAなどでは「松井証券ポイント」が貯まりますよ。

マネックス証券

マネックス証券もなかなか優秀!iDeCo(イデコ)が流行りはじめた頃からやっている人はマネックス証券が多い印象。こちらもつみたてNISAでポイントが貯まるのが嬉しいです。

始める前に投資の基本を知ろう

投資の基本は分散投資!

「Don’t put all your eggs in one basket(すべての卵を一つのカゴに盛るな)」という言葉をご存知ですか?

こちらは、数々の投資家にとても大切にされている格言です。一つのカゴに卵を数個のせてしまったら、そのカゴを落としたときに全部割れてしまう可能性があります。

しかし、卵を分散させてカゴに盛っておけばどうでしょうか?たとえ、落としたカゴがあったとしても、雛が産まれ、育つ可能性が高くなるのは一目瞭然ですよね。

このように投資は、分散投資が基本です。こちらの考えは、初心者だからおすすめされているものではなく、プロも大切にしているやり方です。こちらを押さえて実践すれば、投資のリスクを低くしながら運営できますよ。

手数料なしor低い商品を選ぶ

今はノーロードなど手数料無料の商品もあります。なるべく手数料なしor低いところを選ぶことで、金額に大きな差が生まれます。

投資信託は“ほったらかし”にしよう

投資信託は短期的な成果はとくにスルーするのがおすすめです。長期保有することで増えてきます。その間、損益の損に遭遇するかもしれませんが、こちらのときもスルーできる人が成果を上げると言われています。長期保有することが目的なので、そのうち上がることを楽しみに続けるのがポイントです。

損=危ないことではない

損が出たら危険!危ない!と思う方もいるようなのですが、価格が下がったときはたくさんの口数を購入できるチャンスです。安く買えるわけですから、値上がりしたときの利益が大きくなる可能性が。

森くま☆
世界情勢が悪いのは残念なことですが、投資の上では、とてもラッキーなことかもしれません!




ポートフォリオを作成しよう!

ポートフォリオとは?

ポートフォリオとは、「紙ばさみ」「折りかばん」「書類入れ」という意味で、「書類を運ぶためのケース」の意味があるそうです。

アート業界では、作品をまとめたものに使われるため、こちらの言葉を聞いたことがある人も多いはず。金融業界では、円グラフで表示された保有している金融商品の組み合わせの内容や一覧に使われています。

ポートフォリオの作成の仕方

ポートフォリオの作成がiDeCo(イデコ)を始めるうえで、1番苦労すると言っても過言ではありません。世界の国の数は196か国。それぞれの国の情勢などを考えつつ、どこに投資するのか、資産配分をよく考えてポートフォリオを作成する必要があります。

また、初心者の方は株式や債券がなんなのか、投資をやるうえでの基本用語を頭に入れる必要があります。

こちらの上記を踏まえて、ネットや書籍で、投資家の方々のポートフォリオを作成するうえでのポイントを読みあさりましょう。

森くま☆
将来に繋がるお金のことなので、一冊ではなく数冊読みあさりましょう。投資家によって、考え方が違うので、たくさん読み漁ることをおすすめいたします。

ポートフォリオを作成する3つのステップ

  1. 国の情勢を考える
  2. 投資をやるうえでの基本の単語を覚える
  3. 投資家のポートフォリオへの考え方を調べる
森くま☆
なかなか決められない人は、マネックス証券のiDeCoポートフォリオ診断(無料)も参考にするのも手かもしれません。

ポートフォリオ作りに役立つ書籍2選

はじめての人のための3000円投資生活

created by Rinker
¥1,210 (2020/08/06 23:52:43時点 楽天市場調べ-詳細)

毎月3万円で3000万円の「プライベート年金」をつくる 米国つみたて投資

ポートフォリオの確認は1年に1回

他の投資ならともかく、iDeCo(イデコ)なら1年で1回のポートフォリオの確認でOK。基本は“ほったらかし”なので、iDeCo(イデコ)の申し込み時とポートフォリオの作成の手間が終われば、あとはラクラクと運用できますよ。


金額変更や資産の入れ替え方法について

実践していくにつれて、資産の金額変更や辞めたい資産がある、もしくは、他のものに変更したいと思ってきたりもします。そんなときは配分変更と、スイッチングで対応しましょう。

配分変更

配分変更とは、資産を変更せず、金額を変更する方法です。こちらは、基本的にいつでも可能です。

例えばA資産に40%、B資産に60%の配分をA資産は0%B資産に100%にすることが可能です。(ポートフォリオは100%になるように作ります)

気をつけたいのは今まで、A資産に積み立てた40%ぶんは運用が続いているということです。

スイッチング

スイッチングは、金額変更ではなく、資産自体を変更する方法のことを言います。

資産Aと資産B2つを運用した場合、資産Aをなくて資産Eにしたいと思ったときに実行するのがポイントです。

注意点としましては、変更するものがないときは出来ないのと、変更に時間がかかる、売却・購入時に資産によっては手数料がかかることがあげられます。

会社が潰れたらお金はどうなるの?

実はしっかりとした保証制度があります!

投資をいざ、始めよう!と思っても、ふと証券会社や信託銀行などが万が一潰れたらどうなるの?という疑問を抱かれる人もいるよう。実はこちらに関しては、金融商品取引法第43条の2に「顧客資産の分別管理」という仕組みがあります。

こちらは、私たち投資家が預けたお金は「顧客資産」にあたり、証券会社の資産と区別して管理・保管するという決まりです。なので、大抵のケースでは、預けたものは保証されます。

しかし、それでも困難なケースの場合、日本投資者保護基金から1人あたり1000万円までの補償がされています。

返還の1000万円に付きましては、返還方法によって、少なくなる可能性はあるようです。

「顧客資産の分別管理」については、証券会社の公式サイトで記載が確認できます。例えば、楽天証券では下記のように記載があります。

証券会社は、お客様からお預かりした有価証券や預かり金については「顧客資産」として、証券会社自身の資産と区別して保管することが法令で義務づけられています(これを「顧客資産の分別管理」といいます)。お取引証券会社が分別管理をしっかりおこなっていれば、万一破綻した際でも、お客様の有価証券や金銭はお客様へ確実に返還されます。楽天証券では、従前より法令に従い、お客様の大切な資産を安全確実に保管・管理しております。

引用「楽天証券」

確定拠出年金【iDeCo】って?初心者のためのiDeCo(イデコ)マニュアルまとめ

iDeCo(イデコ)は投資なので、難しく感じてしまうかもしれませんが、始めるととっても楽しいものです。ぜひ、こちらの記事を参考にしてiDeCo(イデコ)を始めて老後資金を作り上げてくださいね!

森くま☆
iDeCo(イデコ)が出来ない方は、つみたてNISAをやろう!



ランキングに参加してます。宜しければポチッとして頂けたら嬉しいです(*^^*)♡
にほんブログ村 ファッションブログへにほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です