スタンプするだけ〜!トイレスタンプは「スクラビングバブル」がいい♡



私の中でおろそかになりやすい掃除場所の1つに トイレ掃除があります。理由は、他の場所よりも汚れや菌がたくさん付着している印象があり、簡単に手出しできないからです。

以前は「毎日1回、トイレ掃除をする!」なんて意気込みましたが、数日で終わってしまいました…。そこで今回は、ズボラな筆者にぴったりのトイレ掃除用洗剤の「トイレスタンプ」をGET。使ってみたのでご紹介いたします。

スタンプするだけ!トイレスタンプ洗浄剤とは?

トイレスタンプとは、名前のとおりスタンプタイプの洗浄剤のこと。

森くま☆
“持ち手になる本体に、ペタッと便器に貼り付けられる材料で作られた洗浄剤を取り付けて使うアイテム ”になります。

こちらのアイテムを便器に貼り付けることの利点は、水を流すだけでジェル状の洗浄剤がフチ裏も含めた便器全体に広がることです。

森くま☆
この広がりを “マルゴニー効果 ”と言うそうですよ!

また期待できる主な効果は下記の4つ!

  1. 汚れ予防のコーティング
  2. 汚れを落とす
  3. 除菌
  4. 消臭

になります。洗浄剤を便器にポンっとスタンプするだけで、これだけの効果が期待できるなら使わないなんてもったいない!手間削減にもってこいです。

森くま☆
便器のフチ裏って、1番めんどうな場所で落とすのをやりたくなかったり、うっかり忘れてしまったりと散々!筆者の場合は、予防は少しの効果でも頼りたいと思う派です

購入したトイレスタンプは「スクラビングバブル」

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

スタンプ式の掃除グッズはいろいろなものが販売されており、どれにしようかと悩みました。なので、筆者がよく見るスクラビングバブルのトイレスタンプに決定!

そしてスクビングバブルに決定したのはいいものの、香りについても何がよいか全くわかりませんでした。なので、香りについてはAmazonで調べて、上位に表示されているフレッシュソープの香りにしてみました。

本体×トイレスタンプのセットの箱をチェック

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらは、トイレスタンプの本体×スタンプの2個セットの箱になります。

横には、中身が確認できる窓付きがGOOD。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

後ろは説明書。使うのは簡単ですが、最初は読んでおくことをおすすめいたします。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

横には使用上の注意と万が一の応急処置などが記載。こちらも読んでおくことをおすすめいたします。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

箱の上面には、便利な持ち手付き!

中を開封!本体とスタンプ洗浄剤は細長な作りに

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらは持ち手とも言われる本体とスタンプタイプの洗浄剤になります。どちらも細長な作りで、持ち手になる本体な筒のような形でした。

本体は青いカラー、スタンプは透明で青いキャップが付いています。

またスタンプのケースが透明なので、どのくらい洗浄剤が入っているのかわかるのもポイント。


スタンプタイプの洗浄剤をチェック!

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらはスタンプタイプの洗浄剤です。左にある青い部分はキャップ。右側が洗浄剤になります。残量は横から見ると未使用で3分の1ほど、既にないような見た目になっているように見えるのが特徴です。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらはキャップ部分になります。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

キャップは、左右にタブがあるので開けやすいです。さくっとキャップを外すことができましたよ。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらはトイレスタンプ洗浄剤の後ろ側。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

洗剤が出る部分は、8つ星の形に!ちゃんとスタンプができれば、こちらの形が便器に貼り付くようになって作られているのも魅力の1つです。

森くま☆
8つ星がかわいすぎますね!



スタンプの本体をチェック!

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちら側に洗浄剤をはめ込みます。

 

こちら側は後ろ部分。

洗剤を本体に設置!

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

本体に洗剤取り付けるときは、本体の穴部分に、洗剤の突起部分をはめこみます。

このとき、スライドさせることでかちっと本体に洗剤がはめこめ、さらに奥に入れたい場合は、洗剤の突起部分を押すことでするっとはめこめましたよ。

トイレスタンプの使い方

トイレをキレイにする

トイレをキレイにする洗浄剤だから、掃除しない状態で便器にスタンプをぺたっと貼り付けるのはNG! 汚れは目に見えてない可能性大。調べた限りではその汚れによってスタンプの粘着力が弱くなる可能性があるそう。 すぐに取れてしまう可能性が高くなるため、くれぐれも気をつけたいところです。

便器に貼り付ける

通常は便器にぺたっと本体を押し付けて貼りつけて使うようですが、筆者は残念ながら押し付ける力が弱くて無理でした。

押せない方は、スタンプタイプの洗剤を最初から出しておく!!

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

筆者のように便器に本体を押してスタンプができない方は、前もって洗剤を出しておくのがおすすめです。

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

こちらの方法を実践してから、筆者はノンストレス!手軽に便器にスタンプができるようになりましたよ。


トイレスタンプをするときの注意点

スタンプ場所はなめらかな場所で!

便器の中で水がでるところよりも、離れた、なめらかな平らな場所に押すのがポイントのよう。水がでるところだと、すぐにスタンプが取れる可能性があるんだとか。

前後左右どちらでもOKですが、水が渦を巻いて流れるタイプのトイレでは、水の噴射付近にスタンプするとはねる心配が。

スタンプをしたあとは本体を除菌

トイレは見える汚ればかりではありません。なので、筆者はトイレスタンプを使ったら、スタンプの持ち手になる本体などを除菌スプレーなどで拭いています。

*筆者のおすすめの除菌スプレーは、「イータック 抗菌化スプレーα 」になります。全部の菌ではありませんが、1週間抗菌効果が続くと言われています!

お子様や認知症の方は誤飲の心配も!

下記のニュースによると、以前誤飲が相次いだそうです。トイレスタンプは、かわいらしい見た目なため、一見ゼリーのように見えて、口にしてしまったのでは?と言われています。

万が一飲み込んでしまった場合の対策としては、水や牛乳を飲ませて、様子見ではなく、すみやかに医者に相談することをおすすめいたします。

https://www.news24.jp/sp/articles/2014/12/24/07265921.html

便器にトイレスタンプを付けてみた感想いろいろ

スタンプ貼り付け期間は?

こちら何故か個人差があるようです。どこかの口コミでは、1ヶ月くらいは持ったなんて記載を発見。

筆者の場合は、25日くらいな印象でした。

本当にキレイになる?

完璧ではありませんが、使うことで、頑固はこびりついた汚れがつきずらくなったと感じました。

森くま☆
予防としだけでも期待でき、筆者の場合は主人も気に入ってくださったのでこのまま使い続ける予定です。

香りについて

フレッシュソープの香りは、よくある安い石鹸の芳香剤に近いかと。

香りが“きつい”という意見もあるとおり、長居するとツンとしてはきました。ちなみに、筆者と主人は、このくらいの香りは大丈夫です。

トイレスタンプの保管がらくちん

本体にトイレスタンプをセットしたままでもスリムな形状なので、トイレの奥の方に隠すようにしてしまえるのがGOOD。

夏は洗浄剤の部分が溶けた!

効能・効用・効果には、問題なさそうですが、7月の暑い後半にスタンプを押そうとしたら洗浄剤が溶けていました。

かわいい8つ星が残念なことに!気になる方は保管場所を考える必要があるかもしれません。

森くま☆
筆者はとりあえず、そのままトイレに置いてます

凄いうれしい!他の洗剤との相性確認は不要

トイレスタンプは他の洗剤とあわせて使うと有害なガスを発生するという噂も。ですが、こちらのトイレスタンプは他の洗剤との併用が可能なんですって!安心して使えるのもうれしいポイントだと感じました。

ジェルがついた便器をトイレクリーナーで洗っても大丈夫ですか? 

A: 他の洗剤と混ざっても有害なガスが発生するような反応は起こりませんので、心配ありません。スタンプ1回分の使用期間の目安は約1週間ですが、トイレのご使用状況や環境の影響でもっと長くなることもあります。その場合も、ジェルがついた状態でトイレクリーナーを使ってお掃除していただいても問題ありません。

引用・https://www.scrubbingbubbles.jp/products/stamp

トイレスタンプを使ったのは大正解!

トイレスタンプ「スクラビングバブル」

毎日使うからこそ、キレイにしたいのに、ついつい放置しがちなトイレ掃除…。こちらの問題は、筆者はスクビングバブルのトイレスタンプを買って解決できました。もちろん完璧ではありませんが、目に見えない菌や小さな汚れ、こびりつき、匂い対策にもなって大助かりです。皆さんにもおすすめですよ〜。

>>Amazonで他の「トイレスタンプ」をチェック








ランキングに参加してます。宜しければポチッとして頂けたら嬉しいです(*^^*)♡
にほんブログ村 ファッションブログへにほんブログ村 インテリアブログへにほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です