かずのすけさんも高評価【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』の使用感想と口コミをチェック!

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』

顔の印象をがらりと変えてしまうシワ…これがなければと思う日は毎日!(笑)

そこで、今回はそんなお悩みを予防してくれるオルビスの名品『リンクルホワイトUVプロテクター』をご紹介。

こちらのうれしいポイントは、なんといっても最高峰のUVカット率なのに、潤いを感じながらシワ改善×美白を叶えてくれるところ♡

森くま☆
オルビスユー」や「ディフェンセラ」など愛用してきましたが、こちらは3つ以上の効果が期待できるので家事で忙しいとき、めっちゃ助かってます!!!
相方
おまえ、ベタベタ塗りすぎ(笑)

こちらは筆者だけでなく、美容科学者の“かずのすけ”さんも一押し品。
本当の良品とはこのことか!と思ったほどお気に入りです。「いいな♡」と思ったら、ぜひ、皆さまも使ってみてくださいね。

お得に最安値で『ディフェンセラ』を試す!初回通販限定×友達紹介 購入レビュー

2022.10.19

かずのすけ氏が「ディフェンセラ」を絶賛!効果はほんと?初回お試しで口コミ×成分チェック

2022.10.28

目次

『リンクルホワイトUVプロテクター』とは?良いこと尽くめのハイスペックな日焼け止め!

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』

マスクからの肌への摩擦問題も加わった昨今、日焼け止めに望む効果は、日々上昇。そんな日焼け止めで大人気なのがオルビス の『リンクルホワイトUVプロテクター』(2021年4月23日発売)だと筆者は思っています。

こちらの人気の理由は、かずのすけさんが記載していましたが、SPF50+/PA++++と最高数値の紫外線防止指数に加え、シワ改善×美白で今大注目の成分「ナイアシンアミド」を配合。

さらに表情を作ることでできる“よれ”と、マスクによる摩擦対策にもなる「AT プロテクト処方」で、酸化亜鉛×グリセリンもフリーが大人気のポイント。

高機能なのに、低刺激がうれしい日焼け止めなんですよ。

『リンクルホワイトUVプロテクター』の魅力まとめ

  1. シワ改善×美白効果が期待できる「ナイアシンアミド」を配合
  2. SPF50+/PA++++と国内最高数値の紫外線防止指数
  3. AT プロテクト処方」で表情よれ×マスクなどの摩擦対策
  4. 酸化亜鉛&グリセリンがフリーで低刺激

吸収剤も入ってはいますが、それにしても低刺激な構成になっており実際の使用感もかなりいい感じです!
さらに酸化亜鉛フリー&グリセリンフリーなので市販の製品が使えない肌質の方でもご利用いただける要素がありますね
引用:かずのすけさんのブログより

↓肌に優しいコスメを知りたい方におすすめ↓

 『リンクルホワイトUVプロテクター』の魅力をを詳しくご紹介!

「ナイアシンアミド」が有効成分と言うけれど、そもそも “有効成分 ”って?

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』有効成分

筆者のように、そもそも有効成分って何?と思った方も多いはず。

調べてみると『リンクルホワイトUVプロテクター』は医薬部外品。下記の記事によると、医薬部外品のも美容成分の一種だそうです。

ただの美容成分と何が違うのかというと、厚生労働省により効果×効能と安全性が認められた成分ということ。また医薬部外品有効成分を配合したのが、医薬部外品にあたるそうです。

医薬部外品有効成分は、効果・効能が公に認められた成分
有効成分も美容成分の一種です。「厚生労働省により効果・効能と安全性が認められた成分が『医薬部外品有効成分』であり、それをルールに則って配合、処方したコスメが『医薬部外品』として販売されています」(岡野さん)

引用: https://www.biteki.com/skin-care/others/828743

『リンクルホワイトUVプロテクター』有効成分以外のその他の成分

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』全成分

水、パラメトキシケイ皮酸オクチル、メチルフェニルポリシロキサン、BG、シクロペンタシロキサン、ベヘニルアルコール、ジメチコン、ペンタステアリン酸デカグリセリル、トリ(カプリル・カプリン・ミリスチン・ステアリン酸)グリセリル、2,4-ビス-[{4-(2-エチルヘキシルオキシ)-2-ヒドロキシ}-フェニル]-6-(4-メトキシフェニル)-1,3,5-トリアジン、桑エキス、アシタバエキス、アルカリゲネス産生多糖体、ジグリセリン、キサンタンガム、2-[4-(ジエチルアミノ)-2-ヒドロキシベンゾイル]安息香酸ヘキシルエステル、トリスエチルヘキシルオキシカルボニルアニリノトリアジン、微粒子酸化チタン、ステアロイル乳酸Na、ステアリン酸ポリグリセリル、硬化ヤシ油脂肪酸グリセリル硫酸Na、カルボキシビニルポリマー、ポリエチレングリコール・デシルテトラデセス-20・ヘキサメチレンジイソシアネート共重合体、セタノール、水酸化K、ビタミンE、ステアリン酸、ベヘニン酸、水酸化Al、セスキイソステアリン酸ソルビタン、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

①「ナイアシンアミド」はシワ×美白のダブル効果が狙える成分!

「ナイアシンアミド」によるシワ改善の流れ

厚生労働省により効果・効能と安全性が認められた成分の「ナイアシンアミド」は、ビタミンB群の一種。これは実は超優秀な成分で、シワ改善とともに美白効果まで期待できる成分なんです。

まず、シワ改善については、肌の構成は1番上に表皮、そして2番目に真皮がありますが、「ナイアシンアミド」は2番目の真皮にまで届いてくれる成分ということが大きな魅力。

実は深いシワは真皮のコラーゲン不足が原因なんじゃないかと言われています。そんな真皮に「ナイアシンアミド」はアプローチ。

真皮にまで届いてくれるお陰で、日々加齢などで減るコラーゲンの状態が改善。乾燥でできたちょっとしたシワだけでなく、真皮にできたシワも押し上げて、ふっくらとした肌になることが期待できる成分なんです。

「今すでにあるシワ」。真皮のコラーゲン産生を促進することで、凹みを押し上げシワを改善します。
引用: https://www.orbis.co.jp/small/1161011/

森くま☆
表皮だけのシワの原因は主に乾燥。なので、保湿するだけで改善する可能性がありますが、コラーゲンが減少した真皮にできたシワは改善が難しいよう。それを改善してしまう「ナイアシンアミド」はシワの救世主と言えるかもしれません!!!

「ナイアシンアミド」による美白の流れ

なんでも「ナイアシンアミド」は、メラノサイトで発生するメラニンの生成を抑制するだけでなく、肌表面への輸送を妨げてくれる効果も期待。この効果からシミやそばかすを防いでくれる、頼もしい成分のようです。

② SPF50+/PA++++で国内最高峰の紫外線カット力!

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』紫外線カット力

国内最高値のSPF

SPFは「Sun Protection Factor」の略で“肌がヒリヒリして赤くなる”紫外線B波(UVB)を防ぐ指標。数値はSPF20〜SPF50で、『リンクルホワイトUVプロテクター』は、国内最高値であるSPF50+!

PAも国内最高値!

PAとは「Protection Grade of UVA」の略で、紫外線A波(UVA)を防ぐ効果が期待できる指標。

種類は「PA+」、「PA++」、「PA+++」、「PA++++」の4段階ですが、『リンクルホワイトUVプロテクター』はその中でも国内最高値の「PA++++」!

③よれ×摩擦対策にもなる「AT プロテクト処方」

日焼け止めをしても何故か焼けている…。そんな方はもしかしたら、表情の動きで日焼け止めが“よれ”ているのかもしれません。

そんな“よれ”によるうっかり日焼けを防ぐには、『リンクルホワイトUVプロテクター』が効果的。

『リンクルホワイトUVプロテクター』 は、表情の動きに合わせて伸縮する膜ができる「AT プロテクト処方」。こちらの効果によって、表情が原因の日焼け止めの“よれ”を防ぐだけでなく、マスクで起きる肌の摩擦対策にもなるんですって!

しかも、この効果はなんと8 時間後の水分保持力は塗ってないのと比べたら1.3 倍もあったんだとか!

1 表情の動きに着目し、動きに合わせて伸縮する膜をつくる AT プロテクト処方
紫外線ケアをしていても、シミやシワが増えてしまったと感じる女性が多いという調査結果※6から、日中の表情の動きに 着目し、動きに合わせて伸縮する膜をつくる AT プロテクト処方を採用しました。UV カット成分を含んだ膜が、日中の表 情の動きに合わせて崩れずに伸縮。8 時間後の水分保持力は無塗布比 1.3 倍※7を実現。長時間たくさん表情を動 かしても、あなたらしい笑顔が長く輝き続けます。
2 うるおいを与えながらも、国内最高峰の紫外線カットスペック

④保湿×低刺激処方で敏感肌の方にもおすすめ!

『リンクルホワイトUVプロテクター』は最高峰の紫外線カット力で吸収剤は入っているものの、保湿もできて無香料×無着色で酸化しやすい油分やアルコールもフリー。
とくに皮脂量の多い筆者にとって良かったことは、ニキビの原因になりやすいアクネ菌を増やす、グリセリンが入っていなかったこと♡

森くま☆
筆者は敏感肌ですが『リンクルホワイトUVプロテクター』を使ってもニキビができたことは一度もありません!

⑤いろいろなコスメを塗る手間が省ける

現代女性は保湿に加え、シワ改善や美白に日中は1時間~2時間置きに日焼け止めを塗らなければいけないのに、コスメを塗る摩擦で、シミやくすみを作っている可能性も!そんなコスメを塗る手間を省けるのも大きなうれしい魅力だと感じました。

化粧水・乳液・クリームどれをつけるにしても大切なことは、お肌に摩擦を起こさないことです。
摩擦で刺激を受けると、肌の中にあるメラノサイトが刺激を受けます。すると、シミの原因となるメラニンが肌を守るために過剰に作り出され、蓄積するとシミやくすみが目立つ様になります。
引用:お肌のケアに摩擦はNG! #おうち美容時間

⑥気分が上がるおしゃれなデザイン!

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』

持ち運びや収納面でデザインって大切ですよね。生活感のあるデザインだと気分が落ちたり、イライラしたり…。オルビスの『リンクルホワイトUVプロテクター』ならそんな心配はなし!

シルバー×ホワイトカラーでシンプルな英字が使われたデザインだから、持ち運びのときに気分が上がるし、収納も決まるのがうれしいです。

『リンクルホワイトUVプロテクター』の使い方

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』使い方

パールひと粒程度の大きさを手に取り、手のひらで包み込むように、内側から外側に向けて丁寧に伸ばして完了です。

テクスチャーや使い心地は?

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』テクスチャー

馴染ませ前

テクスチャーはクリームタイプで、カラーはぱっと明るめのホワイトカラー。

またカラーについては、塗ると白かったの?と思うくらい、白浮きしないのがうれしいポイント。

【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』テクスチャー

馴染ませ後

付け心地もベタベタしておらず、しっとりとした肌に仕上げてくれるのも◎。化粧下地にもぴったりというのにも納得で、とても気持ちのいい塗り心地だと思いました。

また気になる「ATプロテクト処方」については、1000円〜2000円ほどの日焼け止めと比べると、“違いが結構でる”と感じました。1時間以上でもしっかりとクリームが塗れている感があるのが凄いのなんのと。これでマスクのすれ軽減にも繋がっているのは助かると思わずにはいられませんでした!

さらに表情の動きに合わせて保護膜が伸縮し、肌に密着する「ATプロテクト処方」を採用。日中の紫外線と乾燥から肌を長時間守り抜きます。SPF50+・PA++++の最高峰(*1)紫外線カットスペックを誇りながら、ベタベタ感、キシキシ感のないここちよいテクスチャー。きめ細やかでなめらかな肌に整え、ファンデーションのつきやのりを良くするので、化粧下地としてもお使いいだけます(*4)。
引用: https://www.forcise.jp/i/4908064089428

オルビスの美容液『リンクルホワイトエッセンス』との違いとは?

『リンクルホワイトUVプロテクター』と『リンクルホワイトエッセンス』

左『リンクルホワイトUVプロテクター』右『リンクルホワイトエッセンス』

『リンクルホワイトUVプロテクター』と似ているアイテムに美容液の『リンクルホワイトエッセンス』があります。

違いは『リンクルホワイトUVプロテクター』は日焼け止めなので、紫外線吸収剤など紫外線対策が入っていることが主なポイントかもしれません。

上が『リンクルホワイトUVプロテクター』下が『リンクルホワイトエッセンス』

上が『リンクルホワイトUVプロテクター』下が『リンクルホワイトエッセンス』

テクスチャーの違いについては『リンクルホワイトUVプロテクター』の方が、しっかりとした感触で “顔に長時間貼り付く”感じ。カラーは白みが強い印象がしました。

上が『リンクルホワイトUVプロテクター』下が『リンクルホワイトエッセンス』

上が『リンクルホワイトUVプロテクター』下が『リンクルホワイトエッセンス』

そして『リンクルホワイトエッセンス』はどちらかというと、カラーはくすんでいて、『リンクルホワイトUVプロテクター』よりもしっとりとしたテクスチャーが気持ちよく、ふっくらとした肌に仕上げてくれるのがうれしいアイテムだと感じています。

森くま☆
肌が弱くて紫外線吸収剤入りの『リンクルホワイトUVプロテクター』が使えない方は、『リンクルホワイトエッセンス』をしてから、お気に入りの日焼け止めを塗ると良いかもしれませんね!

しわ改善×美白希望!この2つではどちらがおすすめ?

『リンクルホワイトUVプロテクター』と『リンクルホワイトエッセンス』のどちらがシワ改善×美白に効果があるのか…気になってオルビスに問い合わせてみました。結果は残念ながら、配合量が非公開なため、どちらが多いかはお伝えできないとのこと。しかし代わりに選ぶ基準を教えてもらいました。

  • 美白効果が希望なら『リンクルホワイトエッセンス』
  • 日焼け止め効果を希望なら『リンクルホワイトUVプロテクター』

とのことでした!

みんなの口コミ

UVプロテクターのあとにお化粧下地を塗るのは面倒、と正直思っていたのですが、首元にお化粧下地って塗らないので、このプロテクターで保護しています。
特に夏は首、胸元が開きがちなので、このケアは大事ですよね。
手や腕はするのに、首、胸元は忘れがちなのでこのプロテクターでしっかりとケアしています。
さらっとしていてべたつきやごわつきがありませんし、白浮きしないのがありがたいです。
引用:https://www.orbis.co.jp/review/reviews/detail/1161014/00<blockquote

顔以外、首や手にもつけています。
他の日焼け止めは、手を洗った後乾燥しますが、このお品はしっとりのままです。
一年中使うので、大きいサイズはお得ですよ♪

引用:https://www.orbis.co.jp/review/reviews/detail/1161014/00

 

デメリット

“日焼け止め”にしては高いかも

いろいろとうれしい効果が期待できる『リンクルホワイトUVプロテクター』ですが、優秀な機能揃いなぶん、全体的なコスパは良いと思いますが、日焼け止めという機能だけを求める方からしたら、お値段が高め…になるかなと。

筆者は『リンクルホワイトUVプロテクター』は普段はたまにで、お出かけ中に使用。首や手まで使えて、便利なぶん、2時間おきに使うと、結構な量がなくなるので驚きます!(笑)

なので、筆者は普段使いは「サンスクリーン(R) フリーエンス 全身用 日焼け止め SPF30などと併用して使用。機能が少ない、シンプルな日焼け止めですが、テクスチャーなど凄く満足度の高いのでおすすめですよ!

紫外線吸収剤を使用している

『リンクルホワイトUVプロテクター』は紫外線吸収剤が入っていました。肌が弱すぎる人は、ちょっと使って様子見してみてくださいね。

ウォータープルーフではない

『リンクルホワイトUVプロテクター』はウォータープルーフという記載はどこにもなし。クレンジングでの落としやすさは良好な面、汗だけで落ちやすいとも感じました。

森くま☆
かずのすけさんのブログでは、水だけでも落ちてしまうのでは?と書かれていたほど落ちやすいようです。

こちらのリンクルホワイトUVプロテクターは、比較的落としやすい処方の日焼け止めです。
ウォータープルーフなども一切書かれておらず、なんなら水だけでも結構流れてしまう構成だと思います。
引用:https://ameblo.jp/rik01194/entry-12671516527.html

炎天下での使用は避けた方がいいかもしれない

肌にとってコスメを付けるときの摩擦も避けたいところ。そう考えるとシワ改善だけでなく、美白やよれ対策ができる『リンクルホワイトUVプロテクター』は優秀。しかしウォータープルーフ処方でないこともあり、炎天下での使用は避けた方がいいのでは?といわれています。

森くま☆
YouTuberのshabonさんの実験動画によると焼けやすいと言われていました!

sponser

いろいろ語った結果『リンクルホワイトUVプロテクター』はこんな方におすすめ!

  • シワ改善×美白×UVカット×保湿の4つを1つで叶えたい方(時短したい方)
  • 塗るときの肌への刺激を減らしたい方(くすみ×シワ予防)
  • クレンジングでの落ちの良いUVカットが欲しい方
  • 肌に優しいUVカットクリームが欲しい方
  • 肌に優しい成分で美白をしたい方
  • おしゃれなデザインのUVカットクリームが欲しい方

かずのすけさんも一押し品【オルビス】『リンクルホワイトUVプロテクター』で日焼け×美白×しわ改善まとめ

肌トラブルになる理由は生理現象の老化をはじめ、日焼けやブルーライトによる光老化、糖質がタンパク質と結合する糖化、マスクなどからくる摩擦に加え、花粉などからくる外的刺激…。もう、どんな日焼け止めを選んでいいのかわからなくなる!なんてことがありませんか?

筆者はそんな状態でしたが、『リンクルホワイトUVプロテクター』を購入してから解消!
全部をカバーしてくれるわけではなさそうですが、これ1本でUVカットとシワ改善×美白に摩擦予防、そして保湿ができるので絶賛、大活躍中!

筆者の今期のおすすめの日焼け止めはダントツで『リンクルホワイトUVプロテクター』です。ぜひ、使ってみてくださいね。

\『友達紹介キャンペーン』を詳しく解説↓/

11月最新【オルビス初回】友達紹介コードで家族も友達も計600ポイントGET

2022.10.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です